ノーローン 増額

ノーローンの魅力

キャッシングする男性

 

人気のキャッシング会社としては、新生銀行グループが運営しているノーローンがあります。

 

消費者金融で気になるのがやはり金利ではないでしょうか。

 

ノーローンの実質金利は年利4.9%〜18.0%で、一般的な消費者金融の金利と同じくらいです。

 

ノーローンの特徴としては、無利息期間があるというところです。

 

最近、多くの消費者金融で無利息サービスをおこなうようになっていますが、実はこの無利息サービスの先駆けとなった金融機関がこのノーローンなのです。

 

他の消費者金融の無利息サービスはほとんどが30日間無利息、というものです。

 

ですがノーローンの場合はちょっと違っており、1週間無利息サービスなのです。

 

「じゃあ、他の消費者金融のほうが無利息期間が長くていいのでは」と思うかもしれません。

 

ですが、他の消費者金融の30日間無利息というのは、その消費者金融を初めて利用してから30日間だけであり、それ以降は無利息サービスがありません。

 

ですがノーローンの場合は何度でも1週間無利息サービスが利用できるのです。

 

その条件としては完済するという条件付きですが、完済した翌週であればまた1週間無利息サービスを利用できるのです。

 

そのため、1週間ですぐ完済できるという方は、ノーローンだと金利はいつまでもかからないことになります。

 

また他にはない特徴としては、ポイントサービスがある点です。

 

計画的に返済していくとその額に応じて楽天スーパーポイントやネットマイル、Gポイントなどのポイントが貯まり、特典と交換できるのです。

 

お金を借りても特典がつくといったサービス満点のキャッシング会社です。

消費者金融で取り扱いをしている商品

消費者金融から借り入れをする場合には、自分に合った金融商品を選びましょう。

 

消費者金融が取り扱いをしている金融商品には、

  • カードローン
  • キャッシング
  • レディースローン
  • 学生ローン
  • おまとめローン
  • ヤングローン

など、様々な金融商品がありますが、消費者金融によって、取り扱いをしている商品は異なります。

 

一般的にほとんどの消費者金融が取り扱っているのが、カードローンやキャッシングです。

 

カードローンとキャッシングの違いとしては、カードローンが毎月一定額の返済となっているのに対し、キャッシングは、翌月一括返済になることが多いという事です。

 

キャッシングの中にも、リボ払いに変更することが出来る場合もありますから、あまり大差はないと考えると良いでしょう。

 

 

レディースローンや学生ローン、ヤングローンなどは、特定の人だけが利用することができる金融商品です。

 

特定されている人だけとなっている場合には、金利がお得であったり、サービスがついていたりと、メリットがある場合もあります。

 

自分自身が契約をする時に、特定の人向けの借り入れ対象となる場合は、一般の借り入れと見比べ、お得である消費者金融を選ぶと良いでしょう。

 

 

おまとめローンは、複数の金融業者から借り入れを繰り返してしまった人向けの金融商品です。

 

複数社からの借り入れを1社にまとめることで、金利分の返済を抑えることが出来ます。

 

消費者金融を選ぶときには、その消費者金融が取り扱いをしている商品を調べてみると良いでしょう。

 

 

借り入れの年齢制限を知る

消費者金融からの借り入れは、ほとんどの場合、年齢制限があります。

 

年齢制限は消費者金融によって異なり、20歳から60歳までを年齢制限としている場合もあれば、未成年である18歳であっても、パートやアルバイトなど収入があれば、借り入れをする事ができるような消費者金融もあります。

 

 

ですが、65歳を超えたあたりから、審査がクリアになるのは非常に難しい消費者金融が多くなっています。

 

歳を重ねている人に多額の融資をしてしまうと、貸したお金を回収することができなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

仕事をしていたり、年金として収入があった場合でも、65歳を超えると借り入れは非常に難しくなると言われています。

 

70歳まで借り入れ可能としているような消費者金融も存在しますが、歳を重ねた人の借り入れの場合、借り入れ限度額が低く設定されてしまう事が多くなっています。

 

 

未成年の借り入れの場合、保護者の同意が必要となる消費者金融が多くなっています。

 

親にばれずに借り入れをしたいと考えている人も多いのですが、未成年の場合、将来の計画性を立てずに借り入れを繰り返してしまうような人が多いのです。

 

借り入れに対し、責任を持つことが出来なくなってしまう場合も多いことから、保証人になるわけではありませんが、保護者の同意の元、借り入れをする場合が多くなっています。

 

未成年の場合には、学生ローンを選ぶと、金利がお得となる場合があります。

 

 

 

 

消費者金融の審査がクリアにならない場合には

審査する男性

 

消費者金融と契約をする場合には、必ず審査があります。

 

審査がクリアにならないと、どんな人でも借り入れをする事が出来ません。

 

審査の基準としては、その人に返済する能力があるか否かで判断されます。

 

どんな高収入であっても、

  • 他社からの借り入れ額が多くなってしまっていたり
  • 過去に債務整理を行ったことがある場合
  • 他の金融業者への返済に複数回滞りがある場合

には、審査をクリアになることはありません。

 

今まで借り入れをしたことがないのにも関わらず、審査がクリアできない場合には、収入が少ない場合や、公共料金の支払いに延滞が起きていないかどうかを確認してみましょう。

 

マイカ^ローンの審査について心配な方はこちらが参考になります。

TITLE:マイカーローン審査落ちした場合にするべき対策について
URL::http://www.tim-japan.org/qa/failed-judgment.html
概要:マイカーローンの審査に落ちたら、このサイトに書かれていることを実践して審査に通る確率を高めて下さい。

 

消費者金融の審査がクリアにならない場合には、他の消費者金融に契約を依頼するという方法もあります。

 

ですが、継続して3社以上から審査が断れてしまった場合、一般的な消費者金融からは借り入れをする事ができないと考えましょう。

 

現在なぜ、借り入れをする事ができないのかを自分自身で調べる場合には、個人信用情報を調べ、審査をクリアにならない原因を排除する必要があります。

 

その原因を排除したとしても、審査をクリアにならなかったという記録は残ってしまいますから、再度申し込みをしたい場合には、半年以上の月日がたってから申し込みをするようにしましょう。

 

個人信用情報は、ネットや電話で問い合わせをし、手数料を支払うことで、開示してもらうことができますので、なぜ審査がクリアにならないのかを調べる時には活用してみましょう。